ドロップシッピングを始めるのにお勧めなDSPとHPテンプレート

ドロップシッピングとは、直訳すると「直送」という意味です。

どんな商売形態かというと、アフィリエイトとネットショップを足して2で割ったようなビジネスモデルです。

もともとドロップシッピングは海外から輸入されたもので、日本で本格的なサービスが始まったのは2006年9月頃です。

副業や小遣い稼ぎとして人気が高いドロップシッピングとはいえ、実はまだ3年も経っていないんですね。

しかしこのドロップシッピング、“リスクは小さく大きく稼ぐ”手段としてはとても魅力的です。

アフィリエイトは、商品を紹介するだけですので、在庫や配送のリスクや手間がかからない代わりに、報酬手数料は数%と安いです。

しかしパソコンさえあればブログでも商品を紹介できますので、誰でも簡単に無資金で始められる点がメリットです。

一方ネットショップは、実際に商品の仕入れ・管理・販売をしますので、在庫や配送のリスクや手間が発生します。

しかしその代わりに売値を自分で決められますので、利益は無限大です。

ショッピングカートを設置したショッピングサイトが必要なので、初期投資が発生しますが、軌道に乗れば大きく稼げる点がメリットです。

これらに対してドロップシッピングは、
●パソコンがあれば誰でも簡単に無資金で始められる。
●店舗や事務所、倉庫が必要ない。
●卸値で商品を取り扱える。
●販売価格を自分で決められる。
●在庫がいらない。
●仕入がいらない。
●梱包や発送作業がいらない。
●人を雇わなくても1人でできる。
という点が特徴です。

アフィリエイトとネットショップの良いところだけを取り入れた、まさに“リスクは小さく大きく稼ぐ”ビジネスモデルですね。

現在、ドロップシッピングのサービス提供企業は色々ありますが、いわゆるDSP型(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)で、無料で使えて、商品点数とサービスが充実しているところとしては、「もしもドロップシッピング」「リアルドロップシッピング」の2社が有名です。

取扱商品の販売管理はもとより、様々なデザインの商品広告やバナー、そしてショッピングカートまでも用意してくれているので、まさに手間いらずのDSPです。

もしこれから「ドロップシッピングを始めてみるか!」という方は、上記のDSP2社がおススメです。

そして、ドロップシッピングのためのホームページ作成にはこれがおススメです。
ドロップシッピングのための専用ホームページテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。