ドロップシッピングに関する仕入れ・在庫・梱包・発送

ネットビジネスの中でも、アフィリエイトとドロップシッピングが画期的なのは、仕入れや在庫、梱包・発送作業が全く無い点です。

ですので、リスクや面倒なことがきわめてゼロに近いので、誰でも手軽に始めやすいのです。詳しく見てみましょう。

【仕入れ】
自商品や技術・ノウハウ系でない限り、普通は仕入れが発生します。卸問屋や小売業等は、この仕入れが商売の成否を決定するぐらい仕入れは「肝」であり生命線です。

ですから、この仕入れにかかる費用や時間、そしてストレス等は相当なものです。

でもドロップシッピングであれば仕入れは無し、時間的にも金銭的にもストレスフリーなのが良い点です。

【在庫】
在庫も仕入れ同様です。ほぼすべての商売で起こりうるもので、在庫のコントロールには専任担当がつくぐらい重要業務です。

在庫には、目に見えるリスクと目に見えないリスクがあります。

目に見えるリスクとは、在庫スペースにかかる費用と、余剰在庫を処分するための費用です。いわゆる無駄金で、ロスです。

目に見えないリスクとは、在庫金利です。

100円で買って在庫として保管し、1年後に100円で売ったら利益は0円ですが、100円を貯金して1年後に102円になったら利益は2円です。

この差が在庫金利です。要は、売れないとお金が損するということですね。

でもドロップシッピングであれば在庫リスクも無し、取り扱い商品点数が多くても、何もしなくても良いのです。

【梱包と発送】
これが大変。これを自分でやるには、月商100万円が限界とも聞きます。なので、この作業はアウトソーシング(外注)が一般的です。

梱包には梱包材が必要です。梱包したら運送業者に連絡しなければなりません。車が来たら荷積み・出荷が発生します。

当然運送費がかかります。そして配送に関する問い合わせ対応と管理が生じます。考えただけで「1人ではムリ!」な感じですよね。

でもドロップシッピングであれば、梱包・発送作業も無し、同時に、これにかかる持ち出し費用も発生しません。

どうですか?

ドロップシッピングの良いところは、仕入れ・在庫・梱包・発送等のバックヤード仕事に、あなたは全く関わらなくても良く、リスクもないことです。

ただ重要な点は、ドロップシッピングASPによってルールが違うという点です。

中には、受注処理や問い合わせ対応等はドロップシッパー側で、というASPもありますので注意が必要です。

お勧めできるドロップシッピングASPは、「もしもドロップシッピング」と「リアルドロップシッピング」の2社です。

いずれもDSP型ドロップシッピングASPと言って、無料で始められ、上述のようなリスクも手間も生じません。

さて、仕入れ・在庫・梱包・発送についてお話してきましたが、ドロップシッピングがいかに手軽かご理解いただけましたか?

ドロップシッピングはその認知度の広がりとともに、取り扱い商品点数もどんどん増えており、ますます多彩な売り方、儲け方ができる環境になってきています。
ドロップシッピングのための専用ホームページテンプレート

ドロップシッピングとネットショップの運営経費の比較

商売をするからには、必ずかかるのが運営経費です。しかし、できれば最小限に抑えたいのがビジネスオーナーの本音です。

それではネット販売の場合、どんな運営経費がかかるのでしょうか?まずはネットショップをみてみます。

ネットショップは、インターネット上で商品を販売するお店なので、形は違うけれど、商品を管理し、販売し、売上げるという仕組み自体は、リアル店舗と同じことをしなければなりません。

ですから、最低でも次のような運営経費がかかります。

・ショッピングカート設置費用
・クレジットカード決済の導入費用
・商品仕入れと管理費用
・過剰、不活動在庫の処分費用
・梱包、配送費用
・問合せやクレーム対応費用 等々

それに扱う商品にもよりますが、商品を仕入れて保管しておく場所、すなわち、事務所や倉庫スペースが必要になってきます。

そしてこれらの辛いところは、商品が売れても売れなくても、毎月、毎日、毎時間、こうした運営費用が発生し続けることです。いわゆる、固定費ですよね。

ですから、よほど資金に余裕があるか利益率が高いのでなければ、たくさん売らない限り利益を確保することは困難で、しかも在庫リスクは抱えた状態です。

もちろん、ネットショップがダメとは言っていません。むしろ軌道に乗れば、ネットショップは大きく稼げる手段で、とても魅力的です。

なので、スタートから軌道に乗せるまでは苦労が多いということと、会社員や主婦の方が片手間で始めるには難しいということを理解いただければ十分です。

ではドロップシッピングはどうでしょう。ネットショップと比較してみます。

・ショッピングカート設置費用
  ↓
ドロップASPが提供してくれるので不要。

・クレジットカード決済の導入費用
  ↓
これもドロップASPが提供してくれるので不要。ただし利用料が利益から差し引かれます。約10%前後です。

・商品仕入れと管理費用
  ↓
仕入れが発生しないのがドロップシッピングの特徴です。仕入れコスト、管理コストは一切不要。

・過剰、不活動在庫の処分費用
  ↓
全てメーカー責任。在庫の心配は不要。

・梱包、配送費用
  ↓
これもメーカー責任。面倒な手間は一切不要。

・問合せやクレーム対応費用 等々
  ↓
これもメーカー責任。完全ストレスフリー。

どうですか?ハッキリいって運営経費は、ほぼ「ゼロ」です。

“ほぼ”と言ったのは、クレジット決済手数料が取られるからです。それ以外は「ゼロ」です。

それからもう1つ重要なことは、ドロップシッピングASPによっては、会員登録に費用がかかる点です。

これはおススメできません。むしろ、有料でサービスを提供しているASPは避けましょう。

おススメできるドロップシッピングASPは、【もしもドロップシッピング】と【リアルドロップシッピング】の2社です。

【リアルドロップシッピング】は、無料版の「DS−media」と有料版の「DS−store」があるのでご注意ください。

さて、運営費用と事務所・倉庫についてお話してきましたが、ドロップシッピングがいかに手軽かご理解いただけましたか?

それに、ドロップシッピングはその認知度の広がりとともに、取り扱い商品点数もどんどん増えており、ますます多彩な売り方、儲け方ができる環境になってきています。

●今までアフィリエイトでうまくいかなかった方
●大きなリスクを背負ってネットショップで頑張ってきた方
●これからネットビジネスに挑戦してみたいという方

このドロップシッピングという稼ぎ方は、もっとも身近で手軽です。ぜひトライを!
ドロップシッピングのための専用ホームページテンプレート

ドロップシッピングで利益0から実際に稼ぐまでの顔出し映像

この面白い顔出し映像は必見です。

何が面白いかと言うと、ドロップシッピングにて利益0から実際に稼げるまでの全貌を「顔出し」「生動画」で公開中なのです。

物騒なネットの社会で結果を出している人が、画像だけでなく、しっかりとその経緯を生映像でしゃべっているのは、やっぱり安心します。
【完全図解】 楽店☆18キップ 簡単ドロップシッピング!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。